新築を建てるとき、最初はついつい間取りや仕様など
建物のことを中心に考えてしまいがちですよね

せっかく念願のお家が完成しても
駐車場が完成していないと車を停められなかったり
生活にも影響が出てきてしまいます

何よりも外構次第で、お家の外観はかなり変わってきます

そんな外構工事ですが、いったいどの時期から
プランの計画を考え始めたらいいのでしょう

答えは「建物のプランと同時期に考える」

外構のプランを考えるにあたって
必要となってくるのが駐車場やアプローチ
庭や物干しスペース、ごみ置き場などなど

こういった外構部分を建物のプランと
同時進行で考えていくことが重要になります

 

部屋の配置と外構部分を連動して考えることで
より充実した生活空間を生み出すことができます

着工した後から打合せを始めるとやりたかった事ができなかったり
思いのほか予算がかかってしまい
こんなはずじゃなかったという事にもなりかねません

ある程度、間取りと配置が決まってきた時点で
外構屋さんを数件訪問し、比較検討するとよいでしょう

 

遅くから打ち合わせを始めると見つかる問題点もいくつかあったりしますので
建物とをある程度同時進行で外構の打合せをしていくことをおすすめします