勝手口といえば、キッチンに作り、
ごみ出しなどに使われているイメージが大きいですよね。

私の実家にも勝手口がありますが、
主にはごみ出しと洗濯物を庭に干すために
使われていたかなと思います。

1人暮らしで賃貸に住み始めてからは
勝手口というものがないので、
玄関からごみ出しをしていますが
それに慣れましたし、特に困ったこともありません。

そこで疑問に思ったことが、
使用頻度も少なく、なくても特に困ることがないのなら
勝手口は別に作らなくても良いんじゃないかな…ということです。

以前、今から家を建てる方には、
無駄のない家を建ててほしいなという思いから、
バルコニーは必要か?という記事を書かせて頂きました。
新築を考えていますが、バルコニーは必要ですか?をご覧ください)

そこで今回も同じように、無駄のない家にするために、
勝手口は必要なのかな?どうなのかな?
ということを考えてみたいと思います。

それでは、
勝手口のメリットとデメリットをご紹介していきます。

『これはいいな』、『これはうちとは違うな』など、
ご自分のライフスタイルと照らし合わせながら
読んでいってくださいね。

メリット

・生ごみをすぐ外に出せる
やはりキッチンなどで出るごみをいち早く、
外に出せることが最大のメリットではないでしょうか。

玄関からごみ出しをする場合、玄関までの通路に
ごみが落ちて汚れてしまうことが心配ですが
勝手口からごみ出しができたらその心配もありませんね。

・家庭菜園
たとえば、家庭菜園をしているご家庭でしたら、
土のついた野菜をそのままキッチンに運べるので
とても効率的で便利ですよね!

また、駐車場の近くに勝手口を作るのであれば、
お買い物をして帰った時に
勝手口から荷物を運ぶこともできますね!

・非常口として
災害時など、玄関が使えなくなった場合の非常口として
勝手口があると、もしもの時に安心ですよね。

・採光や通気、換気として
出入り口としてだけではなく
光を取り込んだり、換気をするのに便利です。

勝手口を作らず、代わりに窓を…
といったアイデアもありますが、
料理中など外に出て空気を吸って気分転換したい
という時には勝手口があるといいかもしれませんね。

デメリット

・防犯面
急いで外出をする時って、窓もそうですが
勝手口の施錠をついつい忘れてしまうことも…。

あまり表から目につきにくい勝手口は
泥棒に狙われやすいので注意が必要です!

・冬場は寒い
夏場は勝手口からすきま風が入っても涼しくて良いですが、
冬場にすきま風が入ると寒くて台所に立つことも辛いですよね。

玄関はリビングとの間に仕切りがあるので外の寒さを防いでくれますが
勝手口は部屋との間を仕切るものがないので
どうしてもダイレクトに寒さを感じてしまいます…。

・デザイン性
キッチンスペースの見た目にこだわりたい!という方にとっては、
勝手口のデザインが少し気になるかもしれません。

よくあるシルバーの勝手口だと見た目がピシッと決まらないな
とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

・使用頻度が少ないのならもったいない
やはり、このひとことにつきますよね。

勝手口を作るためには、
もちろんドア代がかかります。

出入りができて、しかも防犯や通気のことを考えると、
通常の窓より当然、価格は高いです。

また、勝手口から出入りするためには
そのスペースも必要です。
その分、収納を作れる場所が減っているかもしれません。

そういったことを考えると、
使用頻度がその費用、スペースに見合うのか、
ということも、
判断の材料になります。

作ってみたものの、意外とあんまり使わなかったな
となってしまっては、非常にもったいないと思います。

以上のようなメリット・デメリットを
あげてみましたが、いかがでしたか?

ただし、ここで注意していただきたいのは、
勝手口を作らず家を建てて、その後、勝手口を作りたいとなると、
外壁を切り取ることになるので難しい工事になるということです。

ですので、前回のバルコニー同様、
・何のために使うのか?
・ご自身の生活スタイルに合うのか

これらをしっかり考えたうえで、
勝手口を作るか作らないかを決めてください。

勝手口を作るか悩んでいる方に、
今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。