今回の記事は、新築の間取りで
ウォークインクローゼットと並んで
人気度の高いシューズクロークに関してです。

シューズクロークとは、
玄関に隣接していて、靴を履いたまま
出入りできる収納スペースのことです。

・玄関をすっきりと見た目よくできる
・収納量が多く靴以外の物もまとめて収納できる

…といった点がとても人気で、
最近の新築では、多くの方が
シューズクロークを取り入れています。

さて、そんなシューズクロークですが、
実は、何も考えずに作ってしまって
失敗したという声も多くあがっているんです。

そこで今回は、シューズクロークを
間取りに取り入れるのなら、
知っていただきたい注意点を
ご紹介していきたいと思います。

対策も一緒にご紹介いたしますので
ぜひご参考にして頂ければと思います。

・広さ

間取りにも影響してきますので
とても重要なポイントですよね。

そして、実際に住んでみて失敗したという声が
多くあがっているのも、広さに関してです。

ほとんどのシューズクロークは棚を設けると思いますが
棚の奥行をしっかり確認し、
シューズクローク内での物の出し入れが
不自由に感じない広さを確保する必要があります。

抑えておきたいポイントは、
・家族構成
・何を収納するか

ご家族の多い家庭ですと、
当然、靴の量や収納するものが
多くなります。

また、お子さんが小さいうちは
ベビーカーやおもちゃ道具なども
置くかと思います。

シューズクロークが狭いばかりに、
収納できないとなっては本当に不便ですよね。

ですので、あらかじめ、シューズクロークには
何を収納するかを明確にさせて広さを決めましょう。

・扉

まずは、扉が必要かどうか
をはっきりさせましょう。

シューズクロークの中を
お客様に見られても構わないという場合は
扉をつけず、下がり壁にしている方が多いです。
扉の費用もかからなくて済みますしね。

逆に見られたくない場合は、
やはり扉を付けた方が安心だと思います。

そして扉をつける場合は、
開き戸ではなく、引き戸をオススメします。

引き戸でしたら、玄関の靴が扉に
引っ掛かって邪魔になることもありません。

また、梅雨時期など雨の日、湿気や匂いが
こもりがちな日は開けっ放しにして
換気することもできます。

・通り抜け

シューズクロークには、
入口が1つの、通り抜けできないウォークインタイプと、
入口が2つの、通り抜けできるウォークスルータイプ
2つのパターンがあります。

ウォークインタイプだと、
物を取るためにわざわざ玄関で靴に履き替えて
入り口まで回らなきゃいけません。

しかし、ウォークスルータイプなら、
玄関へまわらず直接、物の出し入れができます。

賛否両論あるかとは思いますが、
生活のしやすい動線を考えると
ウォークスルータイプがオススメです。

・明るさ

広くて扉のあるシューズクロークには、
ほとんどの方が照明をつけるかと思います。

しかし、スペースが小さく扉のない
シューズクロークの場合は、
照明をつけるか悩みますよね。

その場合には、小さくても窓をつけましょう。
日中は日の明かりが入りますし、
窓をつけることで通気もできます。

・匂い

汗をかいた後の靴の匂いや、湿気の匂いなど、
シューズクロークは玄関に隣接しているので
お客様が来たときなどとても気になりますよね。

ですので、匂い対策はしっかりしておきましょう。

オススメの対策は、やはり窓と換気扇の設置でしょうか。
また、最近では湿気と匂いを吸収してくれる壁材をもあり、
デザイン性も良いので玄関の壁に取り入れている方も多いです。

 

以上が、シューズクロークを取り入れるうえで
注意しておきたいポイントと対策でした。

いかがでしたか?

せっかくシューズクロークを取り入れるなら
使い勝手のいい快適なシューズクロークが一番ですよね。

今回ご紹介した注意点をぜひ、ご参考にしていただいて、
ご家庭にあったシューズクロークを作って頂ければと思います。