毎日のお洗濯、お疲れ様です。
外に干して、お日様の光と風を受けて
カラっと乾いた洗濯物は気持ちいいですよね。

とはいっても、いつでも外に干せるわけではありません。

当然、雨の日は外には干せませんし、
天候の変化で突然の雨に濡れてしまったり、
花粉やPM2.5、虫がついてしまうことも心配ですよね。

そういうわけで、部屋干しすることが多くなってきます。

乾燥しがちな冬場は、部屋に干した濡れた洗濯物が
加湿器のような役目も果たしてくれますし、
防犯面としても安心ですよね。

また、お仕事で日中外出されていて、
洗濯は夜になるご家庭も多いかと思います。

ただし、やはり外で干すのに比べると、
室内は干す場所を選びますし、
乾くのは遅いというデメリットもあります。

ですから、せっかく新築するなら、
少しでも快適に部屋干しできるように準備しておきたい!
と思いますよね。

そこで今回は、新築を建てるにあたって、
部屋干しをするならどう干すか
いくつかアイデアをご紹介したいと思います。

まずは、ホスクリーン
ホスクリーンというのは、天井に設置した金物にポールを取り付け
そこに物干し竿を通して洗濯物を干すためのアイテムです。

室内で干す場合は、
やはりそのスペースをどうするかが悩みどころですよね。

その点、このホスクリーンは、
ポールの部分は取り外しが出来、必要ないときは
外すことが出来るのでお部屋をすっきりみせることが出来ます。

ですが、取り付けるには下地が必要で、
自分で取り付けるには少々ハードルが高いので、
新築を建てる際に取り付けておくことをオススメします。

そして取り付ける場所も、生活スタイルなどから
どこに取り付けるかをしっかり考えておくと良いですね。

また、浴室に乾燥暖房機がついている場合は、
ランドリーパイプを取り付けて乾かすといったことも出来ます。

続いては、ホスクリーンと浴室乾燥暖房機とは違って、
あえて洗濯物を干すスペースを広くとる、というアイデアのご紹介です。

まずは、サンルームです。
サンルームというのは、天井や壁をガラス張りにして、
日光をたくさん取り入れることが出来るスペースのことです。

全体が部屋のように囲まれているので、
花粉や虫がつくといった心配もありません。
急に雨が降った場合も濡れる心配がないのでストレスフリーです。

第2のリビングとしてくつろいだり、
趣味を楽しむスペースにも出来るなど使い方も様々です。

しかしデメリットとしては、設置に費用がかかること、
また夏はとても暑く、冬はとても寒いです。
そして全面ガラス張りなので汚れが目立ってしまうことも。

また、部屋干し、とは言えないですが
インナーバルコニーもオススメです。

建物の一部がバルコニーになっており、
屋内の空間を利用して作られたものです。

屋根がかかっているので、天候も気にしなくて良いですし、
花粉などを気にされる方も風向きなどを気にせず干せますよ。

そして、サンルームと同様に、
プライベートスペースとしても活用することができます!

しかしやはり設置に費用がかかってしまう
といったデメリットも挙げられます。

個人的にはとても欲しいなと思いますが…。(笑)

今回ご紹介したアイデアの他にも、
ご自身の生活スタイルにあった部屋干しのアイデアがあるかと思います。

家作りをする際に、
ぜひ担当の営業の方に相談してみるといいかもしれません。