家を建てようと思うきっかけは人それぞれですよね。
特にお子さんの誕生や成長に合わせてのご計画の方は、
大きな声や足音などで近隣への迷惑をかけたくないということで、
マンションより一戸建てを選ぶことが多いようです。

さて、そんなご家族が、いざ間取りを考えていく中で
必ず話題になるのは、子供部屋をどうするかということ

子供部屋の広さはどれぐらいの広さが最適なのか…
ご両親の育ってきた環境によっても感覚が違ってくるので、
悩まれている方も多いことと思います。

そこで今回は、
一般的に多い子供部屋の広さをもとに、
ご説明していきたいと思います。

まずは、4.5帖
4.5帖と聞くと、ちょっと小さいんじゃないか?
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、机とベッドを置くことが出来れば
充分とお考えの方もいらっしゃるようです。

また、広くて快適な部屋にこもってほしくない、
リビングで家族との時間を大切にしてほしいから
といった理由で、このぐらいの広さにする方も。

あとは部屋が狭い方が掃除や片づけも楽ですよね。

4.5帖は少ないけど6帖ほどは必要ないという方は
中間の5帖半にされることも多いですよ。

続いては、6帖です。
広すぎず狭すぎず、勉強机とベッドを置いても
まだまだスペースに余裕がある広さですね。

お友達が遊びに来ることを想定していたり、
勉強道具や本棚などの収納家具を置くスペースを考えて、
6帖ぐらいが良いと考える方もいるようです。

それよりももっと広くしてあげたい!
という方も当然いらっしゃると思います。

しかし、将来お子さんが家を出られた時は、
大きな部屋がぽつーんと残る形になるので
少々もったいなくも感じます…。

それなら、その分収納スペースにあてることが出来たかもしれないし
もしかしたら、もう1部屋作れたかもしれないですよね…!

ですので、子供部屋を最優先にするのではなく、
使い勝手を考えた間取りにしておくと、
後で失敗したという後悔を防ぐことが出来ます。

あとは家具の配置や床の色などで
部屋を広くみせることも出来ますので、
そういった工夫をされてみるのも良いかもしれませんね。

ちなみに、最初は9帖など広めのお部屋を作って、
小さいうちは1部屋でオープンにしておいて、
大きくなったら区切って2部屋にするといったケースもあります。

子供部屋を分けるかどうかで迷っている方や、
今は子供が1人だけど、いずれは2人目も…
とお考えの方には、ぜひおすすめの方法です。

このように、最初は広い部屋を作っておいて、
あとで間仕切り壁などで仕切ってもう一つ部屋を作る方法は、
融通も利きやすく色んな使い方が出来て便利です。

注意点として、間仕切った後に困らないように
出入り口や窓の確保、電気のスイッチ、
照明やコンセントなどの計画も忘れないようにしておきましょう。

あとは、仕切った後のそれぞれの部屋は
同じぐらいの広さにしてあげると、
取り合いなどの喧嘩もなさそうですね。

さて、今回は子供部屋をテーマに取り上げました。

建物の大きさの都合や、ご要望にもよりますが
子供部屋は、お子さんの人数や性別など家族構成
お子さんに部屋を与える時期で、形状や広さが違ってきます

子供部屋を作るうえで重要なポイントは、
お子さんの育て方や、お子さんとの暮らし方、
大きくなった時のこともしっかりと考えてあげることです。

ぜひ、小さい時も大きくなってからも
居心地が良く、使いやすい子供部屋を作ってあげてくださいね。