ネットでも土地の情報が見られるようになっていますが
数ある土地の中で、低価格で売られている土地。

そういった価格の安い土地には何か理由があるのだろうか?
中には、そうお考えになる方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、価格の安い土地には
どういった理由が考えられるのか、
注意点を踏まえてご説明させていただきます。

・環境面

やはり都心に比べると田舎の方が土地の価格も下がります。
山の方だったり、形の入り組んだところですと、
どうしても不便なことも多いですよね。

交通面が悪かったり、周りにすぐに買い物に
行けるようなところがなかったり…。

ですので、実際に現地を見に行って、周辺の環境を
しっかり把握することがとても大事です。

・解体、外構にお金がかかる

古家付きの物件で、買主側が解体費用を負担する場合や、
古いブロックや塀などを取り壊して、
新しく作りなおすことが必要な土地があります。

それらの解体費用や外構費用が土地代には含まれておらず、
別途必要になることを見越して、
土地の価格を下げていることがあります。

こちらも実際に現地を見に行ったり、
解体にいくら費用がかかるのかを把握しておくと安心ですね。

・再建築が出来ない

敷地が建築基準法の道路に接道していない場合、
基本的には再建築は出来ません。
ですので、住宅は建てられない事になります。

・安全面

傾斜地であったり、高低差のある土地など、
安全面に不安を感じるような土地もやはり価格は下がります。

あとは、売主側が早く土地を売却したいケースなども考えられます。

もしかして事故物件なんじゃ…?ということも心配ですよね。
事故物件である場合は広告等に記載があるかと思います。
もし記載がなくご不安でしたら不動産会社に確認してみると良いでしょう。

以上が、価格の安い土地にあげられる主な理由です。

これ以外にも、土地によっては別の事情で
安くなっている理由があるかもしれませんので、
不動産会社に確認することをおすすめします。

とはいえ安い土地全てが悪いわけではありません。

安い土地にも、敷地の面積が広い土地、日当たりの良い土地、
静かで騒音の心配が少ない土地など、
住む方によっては好条件となる土地はあります。

たとえば、Aさんにとっては不便な点が条件に合わなくても、
Bさんにとっては、まさに探していた広々とした癒しの土地!
ということもありえるのです。

譲歩できる条件があるなら、土地の価格と照らし合わせて、
その土地を検討してみることも、土地を探すうえでは大事なことです。

環境面など不安がある場合は
実際にその土地の近隣に住んでいる方に
調査をしてみるのもいいでしょう。

土地を購入される際には、
しっかり確認をしてから購入しましょう。