主婦にとって、自分の家はお城。

Q. 自己紹介をお願いします。

ホームアドバイザーの片山友子です。

Q. 出身地はどちらですか?

福岡県北九州市八幡西区です。

Q. ユニバーサルホームに入社してどれくらいになりますか?

丸10年になります。

Q. なぜ、家づくりのお手伝いをしているのですか?

きっかけは、趣味の範囲で、インテリアが好き、というのが高じているんですが、それに気が付いたのが、結婚して主婦になってからでした。
主婦にとっては、自分の家はお城ですよね。
家族の暮らし方とか、間取りとか、使い勝手に応じて、自分の好みにインテリアで色付けていくのが好きだと気づかされました。
そういったことをお客様と共有できる仕事がいいなと思っていたところに、ユニバーサルホームの募集に巡り合えて、今こうして家づくりのお手伝いをさせていただいています。

Q. 片山さんの、得意な分野は何ですか?

主婦なので、奥様目線にはなりますが、家を建てたあとをイメージしてご提案していくことです。
使い勝手や子育てに関するアドバイスを、自分が子育てに奮闘した経験に基づいて、5年後、10年後の先々まで見据えたご提案ができればと思っています。

お客様の気持ちと温度差がないように。

Q. 片山さんに、営業担当をお願いしたら、 どんな良いことがありますか?

生活をする上での細かい提案を奥様目線を重視してお勧めしています。
外観や家の性能など、お好みは色々とあるでしょうけれども、私は、やっぱり実際に生活することをイメージしてのご提案に力を入れています。

Q. 片山さんは、家づくりに対して、どのような気持ちで取り組んでいますか?

お客様は、家づくりは一生に一度、と思って検討されるので、そんなお客様の気持ちと温度差がないように、ということを心掛けてやっています。

失敗しない、安心できる家づくり。

Q. 片山さんは、どんなお客様の家を建てたいですか?

家づくりに対して、目的を持った方ですね。
子育てのことや、色々な思いがあるから、目的があると思います。
目的を持っているお客様は前向きですし、一生懸命ですので、そういう方のお手伝いをしたいと思います。

Q. 最後に「これから家を建てようという方」へ伝えたいことはありますか?

家づくりは、大きなお買いものですし、一生に一度と思っているお客様がほとんどです。
そんな方々によく聞くのは、『住宅メーカーは敷居が高いな』『行きづらいな』と、敬遠しがちだというお話です。
しかし、家を作っているメーカーに直接話を聞くことはとても大事なことなので、不安に思うことや聞いてみたいことは遠慮なく聞いていただくことが、結局、お客様にとって、『失敗しない、安心できる家づくり』につながるのだと思っています。

私がお答えしました / これが知りたかった!家づくりのQ&A

もっと見る