全ての建築中のお家の検査を
行っております。

Q. 自己紹介をお願いします。

経営管理統括部 部長 小川 昌一郎です。

Q. 出身地はどちらですか?

福岡県です。

Q. お仕事の内容を教えてください。

各部署の業務が円滑に進むように、企画や提案、改善などを行っております。

お家づくりに関しては、さらなる品質の向上の為に、工事途中での「中間検査」、大工工事完了時の「木完成検査」、全工事が終わった時点での「完成検査」、と全ての建築中のお家の検査を行っております。
ですので、私はほぼ毎日検査に出かけております。

Q. ユニバーサルホームに入社したのはいつ頃ですか?

平成17年4月です。

お引渡しが済んでからが、お客様との本当のお付き合いの始まりだと思っております。

Q. なぜ、家づくりのお手伝いをしているのですか?

まず、第一前提に「家をつくる」ということが好きだからです。
私たちの知識や経験が、お客様の幸せの為に、
少しでもお役に立てればと思い、お手伝いをさせていただいております。

Q. 小川部長の、得意な分野は何ですか?

家の性能を数値化することです。
現在でも、断熱性能など様々な家の性能を表わす数値はありますが、省エネ基準も義務化の動きがありますので、今後は、今以上に数値で家の性能が分かる時代になります。

Q. ユニバーサルホームに建築をお願いしたら、どんな良いことがありますか?

まず、当たり前ですが快適な住まいをご提供できます。
そして、お引渡しが済んでからが、お客様との本当のお付き合いの始まりだと思っております。
長期に渡って安心して住んでいただけるように、定期的な家の点検やメンテナンスなどを全てのお家で行っております。
お引渡したOBのお客様からのご紹介が多いのも、こういった所をご評価いただいているのだと思います。

ユニバーサルホームで建てて良かったと思っていただけるように、お客様の気持ちになって取り組んでおります。

Q. 小川部長は、家づくりに対してどんな気持ちで取り組んでいますか?

家づくりは、お客様にとって一生に一度の大きな買い物になりますので、絶対に失敗や後悔はしてほしくないですし、幸せになってほしいと思っています。

お住まいになってからも、ユニバーサルホームで建てて良かったと思っていただけるように、お客様の気持ちになって取り組んでおります。

Q. 最後に「これから家を建てようという方」へ伝えたいことはありますか?

アドバイスになるかわかりませんが、私自身が家を建てる際に大切にしたことをいくつかお伝えします。

私の場合、子供が生まれて家を建てる決心をしました。
新しい家で、夢をもって子供を育てたいと思ったのと、もし私が死んだとしても、家があれば家族を守る事ができると思い家を建てました。

私が家を建てる際に大切にしたことは、まず家の構造です。
目で見える所は後から変えられる所が多いですが、完成したら見えなくなる基礎や柱は、変えることはできません。
これは家の強さに大きく関わる所なので大切にした一つです。

次に家の断熱性能です。
今は多くの断熱材の種類があり、建築の仕事をしていても何が自分にベストな断熱材かは迷う所でした。最終的には、ベストな断熱材に出会いましたが、家の断熱性能については、家を建てた後、長く快適に住むために欠かせない所になりますのでこれも大切にした一つです。

あとは、実際に施工途中の現場を見に行くことです。
完成した物件ではなく、まずは工事中のお家を見ることをお勧めします。もし見に行かれても、おそらく何を見て良いのか分からないと思いますので、まず、
・現場がきれいに整理整頓されているか?
・現場で働いている方の対応、返事、挨拶などはどうか?
ということで、おおよそ、そのお家がどんなものかが分かります。

そこで働く人達がどういう気持ちで家を造っているかで、家の品質は大きく変わってきます。

というわけで、お家を検討される際は家の性能も大事ですが、どんな人達が、どういう想いで家を造っているかも知っておいた方が、良いお家をつくるためのコツになります。