家に携わる仕事に就くのは、小さい頃からの夢。

Q. 自己紹介をお願いします

ホームアドバイザーの中野亜美です。

Q. 出身地はどちらですか?

山口県下関市です。

Q. ユニバーサルホームに入社したのはいつ頃ですか?

平成25年4月です。

Q. なぜ、家づくりのお手伝いをしているのですか?

小さい頃からの夢だったんです。
実は小学生の時に、両親が祖父母と一緒に住める二世帯住宅を建ててくれて、大好きな祖父母と一緒に住めるお家が私の自慢でした。
家ってずっとカタチに残るものですよね。
そんなお家に携わる仕事に就きたいなとずっと思っておりました。

常に笑顔のご案内やお打合せでリラックスしてもらいたい。

Q. 中野さんの、得意な分野は何ですか?

笑顔でのコミュニケーションです。
やはり、お客様って初めはすごく緊張されていると思うんです。
ですから、常に笑顔のご案内やお打合せでリラックスしていただけたらと思ってます。
お子様と遊ぶときも、お子様目線で常に全力です。
打合せが終わっても帰りたくないって言ってくれるんです。

Q. 中野さんに、営業担当をお願いしたら、どんな良いことがありますか?

ご要望の住宅を建てるのはもちろん、一緒に思い出作りをしていきたいと思ってます。
初めはモデルへのご来場から、プラン打合せ、ショールーム案内もさせていただきます。
そしてお家を建てるとなると、着工して基礎ができて、柱が1本ずつ増えていくんですが、1日1日現場が変化していく姿を記録に残したいと思っています。
日々の現場の様子を写真に収めて、『今日はこんな作業をしました』『明日はこういう予定になってます』とお手紙をお届けしています。
家が建ち上がったときに、それを見直していただいて、「こういう風に建っていったんだな」と思い起こしていただけたら嬉しいです。

お客様が強く想われてる気持ちに
一生懸命応えたい。

Q. 中野さんは、家づくりに対して、どのような気持ちで取り組んでいますか?

お客様の住宅1棟1棟を自分の家を建てるつもりで取り組んでいます。
お客様には、ご家族それぞれ建てる理由がございます。マイホームへの憧れ、ご両親との同居、お子様に子供部屋を持たせてあげたいなど様々です。その中で家族みんなの気持ちを汲み取れたらと思います。

Q. 中野さんは、どんなお客様の家を建てたいですか?

憧れのマイホームを建てたいと強く想われてる方です。
お家を建てることというのは一生に何度もあるわけではないと思います。その中で、お客様が強く想われてる気持ちに一生懸命応えたいです。

Q. 最後に「これから家を建てようという方」へ伝えたいことはありますか?

みなさん、『モデルハウスは行きにくい、敷居が高い』という印象をお持ちのようです。こちらの店舗はスタッフ全員が明るくて、とても楽しいモデルハウスになっています。「モデルハウスに行く」というより「遊びに行く」という気持ちでご来場いただきたいと思います。

私がお答えしました / これが知りたかった!家づくりのQ&A

もっと見る