イベント・お知らせ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)で未来型住宅を提案

ZEHとは、1年間のエネルギー消費量が正味(ネット)で
おおむねゼロとなる住宅のことで、通称「ゼッチ」とも言われています。

太陽光発電などで創られたエネルギー量と、
消費しているエネルギー量が、差し引きでおおむねゼロ、
もしくはゼロ以下のマイナスになるという意味です。

つまり、1年間のエネルギー消費量≦創エネルギー
となる住宅のことです。

最近では、スマートハウスゼロエネ住宅などという言葉を
よく耳にするようになりました。

住宅が単に生活する場所、住む場所になっているだけではなく、
住宅も「エネルギー」というものを考えていく時代がやってきた
ということです。

日本政府は、2020年までに全ての新築住宅に、
「省エネ基準を義務化」する方針を決めています。

それと同時に、標準的な新築住宅をネット・ゼロ・エネルギー・ハウス
とし、2030年までには、新築住宅の平均がネット・ゼロ・エネルギー
であることが目標とされています。

では、今後普及していくと想定されるZEHとは、
どのようなものかお伝えします。

ZEHでは、「省エネ」・「創エネ」・「蓄エネ」・「HEMS」
を組み合わせて活用します。

・消費電力を抑えてムダを省く「省エネ」、
・太陽光発電を設置してエネルギーを創り出す「創エネ」、

・創り出されたエネルギーためる「蓄エネ」、
・エネルギーを見て確認できる「HEMS」、

などがあり、ZEH化するためには、
その要素を取り入れる必要があります。

建物自体の断熱性を向上させることや、省エネ性が高い設備機器を
採用することで、消費エネルギーを抑えることと同時に、
太陽光発電によってエネルギーを創り出すことを前提に考えなければ意味がありません。

現在、新築住宅の創エネにおいては、
太陽光発電が一般的であり、必要不可欠なものとなっています。

ZEHが実現できれば、
確かに光熱費を大幅に抑えることができ、家計的にも安心できます。

また、今後、太陽光の売電価格が下がったとしても、
もともと電力の消費が少ない住宅となっていれば、
光熱費ゼロを維持できるかもしれません。

今後、住宅を検討していく際には、建築コストだけでなく、
将来性も見据えたうえで検討されることをおすすめします。

今から建築される住宅が、ZEHが当たり前になる時代も
そう遠くはないかもしれませんね。

経済産業省がまとめた、今後の低炭素社会に向けた住まいと、
住まい方の推進に関するロードマップは、こちらをご覧下さい。

→ 低炭素社会に向けた住まいと住まい方の推進に関する工程表
低炭素社会に向けた住まいと住まい方の推進に関する工程表

記事投稿

ユニバーサルホーム 福岡西店

pagetop