イベント・お知らせ

知らないと損する「省エネ住宅ポイント」/福岡西店

省エネ住宅ポイント」とは、
エコ住宅の新築やエコリフォームに対して、
地域産品商品券などと交換できるポイントが発行できるようになっています。

2014年4月に消費税率が8%に引き上げられたことで、
住宅市場が低迷し、日本経済に影響を及ぼしています。

省エネ住宅ポイント

2014年度の補正予算に盛り込まれ、
住宅市場に向けた活性化策の1つとして打ち出されたのが
「省エネ住宅ポイント制度」です。

発行されるポイントですが、
新築の場合は、1戸あたり30万ポイントが付与されます。

例えば、30万ポイントは商品券に交換すると、30万円分になります。

エコリフォームは、対象工事ごとにポイントが異なり、
合計で30万ポイントが限度となっています。

また、耐震改修を行う場合は、
1戸あたり45万ポイントで、既存住宅の購入に伴うエコリフォームの場合は、
10万ポイントを上限にポイントを加算出来ます。

対象となる物件についてですが、
工事の対象期間は、新築、エコリフォームともに
2014年12月27日以降に、工事請負契約を結んだものが対象となります。

また、工事請負契約から2016年3月31日までの間に工事に着手し
2015年2月3日以降に工事完了するものでなければなりません。

受付開始日については、
ポイントの発行申請は、原則として工事完了後に行いますが、
2015年3月10日より受付開始となっています。

ここで注意しておきたいことがあります。

予算の運用状況にもよりますが、
遅くとも2015年11月30日までには締め切りがあるということです。

また、状況によっては、
前倒しで終了となることも充分考えられますのでので、注意が必要です。

限りある予算を有効的に利用するためにも、
早めに申請することをおすすめします。

ポイントがどんなことに使えるかというと、

1、「省エネ・環境配慮に優れた商品」
2、「地域振興に資するもの(地域商品券・地域産品・復興支援)」
3、「全国で使える商品券・プリペイドカードなど」
4、「環境寄附・復興寄附」

などがあって、利用する時に選択が必要になります。

他にこんな使い方もあります。

新築やエコリフォームを、
工事施工者が追加的に実施する工事の費用に充てることも可能です。

例えば、キッチンのグレードアップなどに充てることも可能です。
これを即時交換と言います。

即時交換を利用する場合は、
ポイント発行申請と同時に即時交換申請を必要があります。

詳しい「省エネ住宅ポイント」に関することや、
交換については、こちらをご覧下さい。
↓↓
省エネ住宅ポイント/国土交通省

記事投稿

ユニバーサルホーム 福岡西店

pagetop