イベント・お知らせ

これだけは知っておきたい税制~住宅ローン減税

住宅ローン減税とは、住宅を購入する際に、ローンを組んだ場合に
適用される減税措置のことで、毎年一定額を所得税額から控除できる
制度のことです。

住宅ローン控除や、住宅借入金等特別控除などとも言われています。

この控除を受けるためには、いくつかのポイントがあります。
まずは、住宅ローンの返済期間についてですが、控除期間が10年間
なっていますので、最低でも10年以上の返済期間を設ける必要があります。

さらに、対象期間としては、平成26年4月~平成31年6月に入居(居住を開始)
しておくことが条件になります。

次に、控除額についてですが、毎年末のローン残高の1%または、支払った
所得税額いずれか低い方が控除対象となります。

また、最大控除額については、一般住宅では、10年間で400万円
認定住宅では、500万円となっています。ただし、8%税率適用が対象です。

所得税から控除しきれなかった場合、住民税からも一部控除ができます。
その場合、最大で13.65万円/年となっています。

その他にも以下のように適用条件がありますので、ご確認下さい。

自ら居住すること。

床面積が50㎡以上であること。

借入金の償還期間が10年以上であること。

年収が3000万円以下であること。

などが挙げられます。

 

最後に、控除を受けるために一番大切なことは、
「確定申告を忘れないこと」です。

入居した年の翌年に、確定申告時に申請をしなければいけません。

また、申請は個人でする必要があり、その時に持って行く書類なども
たくさんありますので、早めに準備されることをおすすめします。

申告時期は、毎年一定期間が設けられますが、管轄の税務署もしくは、
所定の場所に行ってから手続きが必要なので、入居してから時間が
経ってしまうと、ついつい忘れがちになってしまいます。

うっかりして手続きができなかったとならないように、気をつけないと
いけませんね。

手続きに必要な書類など、詳しくはこちらをご覧下さい。

http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/

こちらの国税庁のHPもご参照下さい。

http://www.nta.go.jp/

記事投稿

ユニバーサルホーム 福岡西店

pagetop