住宅を新築する際
奥様が非常に悩まれるのがキッチンです

今回のテーマは
キッチンの中でも食器などを収納する
カップボード

カップボードと聞くと
どのようなカップボードをイメージされますか

カウンターのみのタイプや
上部の収納・吊戸もついているタイプ

あるいは
背が高いトール収納タイプや
家電を収納できる家電収納タイプ
種類を挙げればたくさんあります

では、奥様がご計画される段階で
悩まれている理由をいくつか挙げてみましょう

 

【1】カップボードを購入するかどうか

購入したい!と思われている方は
悩む部分ではないかもしれません

また、既に使用しているものがあり
そのカップボードを使用される場合は
新しく購入する必要はなさそうですね

ここで多い悩みは
既に使用してるものはあるけれど
せっかく新築するから…と
新しくカップボードを購入したいというものです

使用しているカップボードが
新築の雰囲気に合うのかという点や
新しく購入するとなると費用がかかる点を
悩まれる場合が多いようです

 

【2】造り付けタイプか?据え置きタイプか?

では
新しくカップボードを購入する場合
購入する商品によって、設置方法が異なります

カップボードを床と壁に直接固定できる
造り付けタイプ

これは主に
キッチンメーカーで購入した場合の設置方法です
壁や天井との隙間もなく、見た目も良いのが特徴です

あとひとつは
カップボードを床に置くだけの
据え置きタイプ

これは主に
家具屋さんで購入した場合の設置方法です
造り付けタイプに比べ価格が安いのが特徴です

デメリットとしては
造り付けタイプは、据え置きタイプに比べ価格が高く
据え置きタイプは、壁や天井との間に隙間ができてしまいます

 

【3】収納パーツの組み合わせをどうするか

収納力や使い勝手を考えると
どの組み合わせがベストなの?!

収納パーツの組み合わせは
多くの方が悩まれる部分です

ご家族の人数、持っている食器の数
食器以外にも収納するものがあるのか
など、ご家庭ごとにご要望は変わるはずです

 

カウンター・吊戸なしタイプ

カウンタータイプ

カウンターに家電を並べることもでき
作業スペースとしても使用できます

吊戸が必要ない方は
これで十分かもしれません

 

カウンター・吊戸付きタイプ

カウンター吊戸タイプ

先ほどの写真に吊戸がついたタイプです
収納力が増しますね

 

カウンター・トール収納タイプ

上下+トール

壁側にトールの収納がつくタイプです
家電スペースも広く、収納力も抜群ですね

 

キッチンは毎日必ず利用する場所ですので
いかに使いやすくできるかがポイントです

まずは、カップボードを購入するのか?
購入するのであればどこで購入するか?
どのような商品を選ぶのか?

ある程度方向性が決まったら
実際に商品を見学にしてみましょう
考えるだけでワクワクしてくるはずです!