省エネの注文住宅とはどんな住宅ですか。

数年前から世界の地球温暖化などのエネルギー事情の
影響を受け、きっと多くの人が節電などのを気にするように
なったのではないでしょうか。

エアコンを使うときは、設定温度を調節したり、
また、使わない部屋の電気はこまめに消したりと
節電を意識している人も多いことだと思います。

ですが、いくら最新の省エネのエアコンを使っていたとしても
建物自体がなかなか涼しくならなかったり、暖かくならないと
「省エネ」である意味が薄れてしまいます。

そこで、現在 注目されているのが『省エネ住宅』なんです!!
では、「省エネ住宅」とはどのような住宅のことを
いっているのか、ご紹介したいと思います。

省エネ住宅といいますのは、一般住宅で毎日の生活に使われる
冷暖房器具や給湯、日常で使う家電製品などの消費エネルギーを
できるだけ少なくするように設計された住宅のことなんですよ。

現在、住宅全体で消費されるエネルギーのうち約4分の1は
冷暖房エネルギーなんです。この冷暖房器具の消費エネルギーを
抑えるだけでも節電になると思いませんか?

この冷暖房のエネルギーを抑えるためには、消費電力の少ない
冷暖房器具を設置するだけではなく、住宅の断熱性や気密性の
高い住宅にする必要があるんです。

簡単にいいますと、冬は暖房の熱を逃がさず、夏は暑い日差しの
影響を受けにくく冷房の涼しさをムダにしない、「冬暖かく、夏涼しい」
が実現できる快適な住宅が「省エネ住宅」なんです。

省エネ住宅は、電気代を抑えることができるだけではなく、日本の
地球温暖化の原因の一つである家庭の二酸化炭素や温室効果ガスの
発生を抑えることができる地球に優しい住宅になるのです。

しかも、省エネ住宅は自然エネルギーを効率的に使うため、
今まで以上に快適な生活が実現できるのです。

また、省エネ住宅はより良い材料を使うため、今までの一般住宅に
比べると初期費用はまだ少し高めですが、湿気を好むカビ菌やダニの
発生も抑えられるため住宅自体は長持ちします。

これから新築を考えているかたは、毎月支払う光熱費を
抑えるためにも地球環境を守るためにも、自然エネルギーを
利用した『省エネ住宅』をオススメします。

次回は、省エネ住宅にすることによって
どのようなメリットがあるのかを
ご紹介したいと思います。

pagetop